海外で就職するための資格について

資格を有していることは、海外で自分の希望する仕事に就職するために役立ちます。特に実績を重視する海外の企業などに就職をするためには、日本と比べてより重要度が増す傾向にあります。資格を持っているということは、高い実績や、スキルを持っていることの一つのあらわれとして、海外企業では重んじられます。 Read the rest of this entry »

就職活動に役立つ面接時のアドバイス

就職活動を行うのは学生ですが、社会人としての意識を持ちながら面接に臨む事が大切です。面接の準備や、現地までの移動についても、早いうちから準備を整えることが、万全を期するためには必要です。不測のトラブルで時間までに会場に行けなくなってしまった時は、可能な限り早く会社側へと連絡を入れます。
Read the rest of this entry »

看護師は引っ張りだこ。

訪問看護は何もセレブの特権ではない。通常は患者が病院へ出向くのが常識、そこに世界唯一の国民皆保険という制度がわが国には存在する。しかし訪問看護だって同様に赤ちゃんからお年寄りまで利用できるのです。(知らんかった~!) Read the rest of this entry »

Webデザイナーに転職するコツ

Webデザイナーに転職するには、インターネットの求人サイトや、各企業による求人情報を検索してみるのが一般的です。 Read the rest of this entry »

転職で面接を受ける際の動機の説明

転職をしたいと思うきっかけの多くは、今働いている会社では貯金が貯まらない、体力が続かないという、後ろ向きな動機が少なくありません。転職の動機としてよく聞くことが、人づきあいに問題が起きたり、仕事内容に不満があったり、待遇に納得がいかないことがあった場合などでしょう。とはいえ、今の仕事に特に不満はないけれど、ちょっとした弾みで魅力的な会社の存在知り、転職を希望するようになったという動機もあります。 Read the rest of this entry »

短期の仕事の特徴

仕事を短期ですることは、長期で働くこととどういった点で違いがあるのでしょう。

仕事内容が明確で、何日間、何の仕事をするかはっきりさせた上で仕事をするのが短期の仕事の特徴です。

賃金は日払いや週払いなど仕事によって様々で、一日限りの仕事を行い、その日のうちに賃金を受け取ることもあります。

短期の仕事は訓練や技術が要求されるようなものは少なく、人数が集まれば対応できるような仕事になりやすいようです。

野球場での販売員や、建設現場の作業員の募集などを見かけます。

長期間で働くつもりがない人には、イベント期間だけ募集されるような仕事が向いているでしょう。
Read the rest of this entry »

勉強に明け暮れた二年

数年前に一般事務から貿易事務に転職しました。業界も通信から海運と変わりました。さらに新しい会社は外資系だったので、以前勤めていた日系の会社とは雰囲気が違いました。
Read the rest of this entry »

転職希望です。

飲食業界から出て異業種の仕事をみつけるのは難しいものだと耳にします。

飲食業界の労働条件ではものすごくたいへんな思いをせざるを得ない働かなければならないという人がたくさんいて、不安な将来を思 Read the rest of this entry »

社員の平均年齢が若過ぎる会社への転職は注意!?

今ならば「あ、この会社やばいかも…」などと募集求人内容から感じることはできるのですけれど、若かった当時はできなかったことがありますね。それが「若い社員ばかりの会社への転職」についてです。
Read the rest of this entry »

転職サイトの賢い利用法

転職サイトの賢い利用法は、スカウト制度を利用することです。 Read the rest of this entry »

お気に入り